外壁リフォームの種類

外壁リフォームの種類

外壁リフォームの種類

塗装リフォーム

鉄、木材、コンクリート、セメントモルタルなどの外壁は、素材のままでは腐食や劣化を起こすため、「塗料」で劣化を防ぐ必要があります。
塗料は、キレイな色や光沢、立体模様など自由な仕上がりができることも特徴で、結露防止や断熱、防音・消臭など、さまざまな機能があるタイプもあります。

サイディングリフォーム

サイディングとは、外壁に張る板状の外壁材のことです。工場で製造されるので品質が安定しており、耐火性や耐久性に優れた特長を持っています。デザインは石積み風、タイル風、板張り風と多様で、洋風、和風と、好みに合わせて選べます。
サイディングには、窯業系と金属系、木質系などがあります。下地の合板に釘で打ちつけていくだけで施工でき、工事が短期間で済むのも魅力のひとつです。

外壁材の種類

サイディング 乾式工法の代表格で、工場で一定の形に造った板を、現場で釘などで下地に止めていく方法です。軽量で施工が簡単なことから人気があり、耐火性や耐水性にも優れます。

サイディング

乾式工法の代表格で、工場で一定の形に造った板を、現場で釘などで下地に止めていく方法です。軽量で施工が簡単なことから人気があり、耐火性や耐水性にも優れます。

 

モルタル 湿式工法では最も一般的で、セメントと砂を水で練り混ぜたものです。モルタルは耐候性、耐火性、耐水性に優れ、しかも安価です。ただし、丁寧に施工しないとひび割れるおそれがあります。

モルタル

湿式工法では最も一般的で、セメントと砂を水で練り混ぜたものです。モルタルは耐候性、耐火性、耐水性に優れ、しかも安価です。ただし、丁寧に施工しないとひび割れるおそれがあります。

 

タイル 外壁にタイルを張ることで、家の印象はより洗練され魅力的になります。 豊かな色合いや陰影感を持つタイルを使用することで住まいの表情は大きく変化します。

タイル

外壁にタイルを張ることで、家の印象はより洗練され魅力的になります。 豊かな色合いや陰影感を持つタイルを使用することで住まいの表情は大きく変化します。

 

【金属サイディング】 外壁表面に親水性をもたせ、、汚れが付きにくく固着しにくい機能と優れた塗膜耐久性で長期にわたり美しい外観を保つ塗装です。

【金属サイディング】
外壁表面に親水性をもたせ、、汚れが付きにくく固着しにくい機能と優れた塗膜耐久性で長期にわたり美しい外観を保つ塗装です。

【雨水で汚れが落ちやすい】
塗膜表面が親水性であるため、降雨により汚れが洗い流され美しい外観を保ちます。【汚れが塗膜に固定しにくい】
防汚コーティングが、汚れの塗膜への食い込みや、凹凸面への固着を軽減します。【遮熱効果】
太陽の中には様々な波長の光が含まれており、その中には、熱エネルギーに変換されやすい赤外線が約50%含まれています。当社がお勧めしている遮熱銅板は赤外線の反射性が大きい着色顔料を使用しており、日射による遮熱銅板温度の上昇を抑制します。
【耐震性】 軽量で揺れに対する追性も高いので、建物にも負担をかけません。 上記の他、耐凍害性、水密性、遮音性にも優れています。
【耐震性】
軽量で揺れに対する追性も高いので、建物にも負担をかけません。 上記の他、耐凍害性、水密性、遮音性にも優れています。

ファミリー工房の外壁塗装・外壁リフォーム事例↓